アルカリの縮毛矯正は一般的に強いクセや健康毛に使いやすい反面、ダメージ部分の毛先には不向きです。髪の毛は本来弱酸性なので、アルカリを残留させる事でダメージにつながるのがデメリットもあります。

一方、弱酸性の縮毛矯正は薬が優しいが為にダメージ部分にしか対応できず、伸びがあまい物も多くあります。

弱酸性=伸びない
と思っている方もまだまだいらっしゃると思いますが

エアーストレートは伸びます。

新生毛から強いクセの方、ダメージ毛までフル対応できます。

ビフォー

20150508-110655.jpg

アフター

20150508-111303.jpg

このよう強いクセの方でも綺麗に伸ばすことができます。
その上、ノンアイロン施術なので程よくボリュームを残し、
アイロンによる熱ダメージもありません。
もともとストレートだったかのような自然なスタイルが楽しめます。

20150508-111740.jpg

ダメージを抑えて綺麗な髪に
エアーストレートを選ばれる方が増えてます。