今回、ご紹介するモデル様は、縮毛矯正が本当はやりなくないと思っているモデル様。担当の美容師様も同様に感じておいでではないでしょうか。

毛歴について

今回は、長年ヘアカラーを繰り返していらっしゃいます。くせ毛はもともとかなり強いうねりがでるくせ毛。いわゆる波状毛。日本人に一番見られるくせの種類です。ですから長年縮毛矯正を繰り返していらっしゃいました。

もともと毛髪自体は細い方。ですから現在の状態は毛髪はまるでナイロンの様な状態。



前髪も特にしんどい事に前髪からクルクル。

これはただでさえ、細くて弱い生え際の毛に対して、白髪染めという条件が重なっております。白髪染めの性質上、新しい髪が生えて来るとすぐに染めたくなるもの。我慢できないんですよね。またしょっちゅう耳にしますが、お客様がご自宅で染めるホームカラーは美容室の専門家が行う施術と違い、ご自宅ですと家事をやりながら、電話しながら、メールしながら、1時間も放置時間をとっている方も。という事はその時点で、オーバータイムを少なくとも5.6回以上は続けている状態なんです。

不思議と昔のホームカラーと違い、根元にたっぷり塗って時間を置きすぎても、あまり根元が極端に明るくなっていないんです。以前は良く見られました。一目でわかるんですが、今ではあまり見られなくなりました。ホームカラーの進化なんでしょうか。

根元や生え際からもみあげにかけてのもともと毛髪が細い部分は、白髪が生えてきてすぐに染めての連続という事もあり、傷みはかなり進んでいる状態をエアーストレートで施術する事は頻繁にあります。


ウェットにすると、やはりコシがくてボリュームを第一に心配するののがわかります。

エアーストレートの施術後は


根元の自然なボリュームが


つぶれずに自然な立ち上がりが。

でもくせ毛は綺麗に。

エアーストレートの目的はくせ毛を伸ばすだけではなく、綺麗でスタイルの違和感の無いストレート。
年代を重ねておいでの方も是非チャレンジして頂きたいと思います。