今日も縮毛矯正の講習の模様です。

エアーストレートの講習において、美容室でモデル様をご用意いただくのですが、せっかくの講習なのでなかなかサロンワークでは施術しにくい方をモデル様に。そんな感覚もあるとは思います。本当は大多数の方々のお客様の層をモデル様でご用意いただきたいのですが、逆にサロンワークベースでお困りの方をしっかりと施術するということは、一般のお客様でもお困りの方が多い髪質やダメージ。ですからそんなお客様にもエアーストレートを受けてみて頂きたいなと思います。

このところ多いパターン

記録を見返してみると、講習の髪質などが残っています。少し振り返ってみます。

中間から毛先の縮毛矯正履歴毛

やはり毛先が縮毛矯正の履歴があるパターンが多いのでは無いかなと思います。一回伸ばしてしまっている毛髪の処理はおそらく永遠の課題かと思います。一旦伸ばしている部分でも色々とありまして、くせ毛は伸びてキレイな状態、またはくせ毛は伸びていても、ブリーチやヘアカラー、毎日のアイロンやコテによるダメージで広がってしまったり、ごわついてしまったり、ハレーションが出ていたり。あとはくせ毛が戻ってしまっている場合もあります。よく講習で迷う方もおいでになりますが、くせ毛が戻って広がっている方もいらっしゃいますし、ダメージで広がってしまっている方の見分けがつきにくいと言う声も聞かれます。たしかにヘアカラーもされながらの広がりはウネリに近い場合もありますから、見分けは大切ですし、薬剤の選択、調整に関わります。エアーストレートの場合はくせ毛であれば、ほぼ毛先までは一つの薬剤で対応しているわけですが、やはり見極めは大切です。

ブリーチ

次にブリーチ毛。今も昔も多いのですが、お客様もブリーチ毛での縮毛矯正はやりたくないというか、出来ないと思っているお客様も多いと思います。過去にブリーチ毛でありながら縮毛矯正をかけてしまったので、ビビリ毛になってしまったという経験もあるのではないでしょうか。でもブリーチ毛にも色々あります。

しっかりしているブリーチ毛

同じブリーチ毛でしっかり?これは元の髪質にもよりますし、履歴や毛髪によってはブリーチでもあまりダメージを感じさせない毛もあります。

ダメージが大のブリーチ毛

これはやはり毎日の髪の扱いによる事が多いと思いますが、しっかりしているブリーチはやはり通常のカラーリングよりはダメージは大きいのですが〔元の髪質が同等の場合〕、その毛髪に高温のコテやアイロンなどを毎日使用すると、ブリーチとは違う性質のダメージがひどくなり、その後のカラーリングなどの選択肢は狭まります。なるべく控え目にお願いしたいのが本音です。美容室で出来る事が狭まりますので、少しでも気をつけて頂くだけでも違いがあります。

今回の講習のモデル様がこれにあたります。

施術前

ブリーチ毛の縮毛矯正の前

元は固くて太い毛髪のモデル様。ブリーチによるダメージを感じさせる毛髪です。どちらかと言えばツヤが出にくい髪です。

施術後

エアーストレート弱酸性縮毛矯正エアーストレートエアーストレートの根元からの自然さ

仕上がりの柔らかさがまずモデル様が感じられた事でした。あとは根元からの自然なボリュームも評価いただきました。今までの縮毛矯正では絶対に無理と思っていたそうです。この時、講習に参加されていた美容室のスタッフ様の声です。

グレーカラー毛

このところ圧倒的に増えてきたグレーカラー毛のエアーストレートのモデル様。グレーカラーはブリーチ毛よりも場合によっては傷んでいる場合が多いです。年代と共に細くなっている毛髪に以前よりも頻度が増したヘアカラー。白髪が生えてくると気になり、自然に頻度が増えてしまいます。毛髪も細くなってしまうので、昔はくせが無かった髪もウネリが出て来たり。ダメージでバサついているのか、ウネリやくせで広がっているのか。どちらか分からない方も多いのではないでしょうか。合わせて細くなっている毛髪では、後のボリュームが無くなるのがイヤで縮毛矯正をやらない、ないしはやめてしまったという方も目立ちます。当然美容室としても白髪染めの世代の縮毛矯正を苦手にしていたり、課題としている美容室様からお声を掛けて頂くケースもあります。

講習のモデル様から推測出来る事

株式会社レアルプロデュースでは長年にわたりエアーストレートをリリースしながら講習を行って来ていますが、モデル様の傾向は時代とお客様のニーズを感じ取る上で重要な要素です。昔はくせが伸びた伸びないが話題の中心でした。どんなにパツパツになっても気にされる方はいらっしゃいませんでした。でも今考えてみると、本音は気に入っていなかったのではないかな?と感じます。イヤだったけれどもくせや縮毛が嫌だから我慢している。伸びるからしょうがない。我慢しよう、馴染むまで。そんな気持ちは今でも感じているから、お客様からのお問い合わせが増えているのではないかなと肌で感じます。また昔は縮毛矯正をやっていたけれどやめている、なんて方も良く聞きます。先程も書きましたが、年齢と共に細くなったりするエイジング毛。ダメージも昔に比べて飛躍的に受けやすくなっている髪に矯正剤で傷みやすいのも、サロン現場の悩みからエイジング世代のモデル様が増えている背景ではないかなと思います。

発展中

基本的にはエアーストレートの一品一品は少しづつ変わったり、新たな原料を試してみては加えたりしながら、進化というよりは実験をしながら進む。そんなゆっくりとした進化をして来ています。長く商材を育てているからこそ出来る事ではないでしょうか。廃番と新商品というサイクルではないので常に未完成の状態。今後も時代に合わせて加えたり引いたりしながら、時代のニーズや声に合わせて行きたいと思います。