エアーストレートとは、カテゴリーで言えば縮毛矯正ではありますが
従来の縮毛矯正とはまったく違う理論でクセを伸ばす新技術です。

従来の縮毛矯正は、
アルカリの薬剤を使用し毛髪内部の組織結合を一度切断し、
毛髪の芯がなくなるぐらいクタクタの状態を約180℃のアイロンので整えて固定します。アイロンでプレスすることにより髪が平らに扁平になり、ぺったんこで不自然な形状になる事も多く見られます。

このとき問題なのが、
薬剤の浸透によりデリケートになった状態の毛にアイロンをする…
アルカリによる薬剤ダメージと約180℃のアイロンによる高温の熱ダメージがダブルでくることです。

アイロンとは素晴らしい道具で、髪の毛をピカピカに整えますが
高温な為、ダメージにもつながりやすいものでもあります。

初めての縮毛矯正をした時はピカピカサラサラだったのに
何度か繰り返すとゴワゴワ、パサパサで髪が硬くなっていくのは縮毛矯正というメニューがダメージレベルが高いメニューだと言えます。

そこで
エアーストレートはどうでしょう?

まずノンアルカリで髪の毛と同じ成分の弱酸性の薬剤と、
トリートメントや美容成分をふんだんに使って毛髪内部に入れ込み、
髪の芯をなくすのではなく、髪の毛をパンパンに膨らませます。
髪の毛1本1本を膨らませることで、自然に髪の捻れをほどいていきます。

膨らませ、捻れが解けた状態はストレートで毛髪が円筒に近づいた形状になっています。
この段階でほぼクセがなくなっています。
あとはブローで優しく面を整えていきます。

エアーストレートの目的は
髪の毛を固定するのではなく
髪の毛の捻れを解き、1本1本を円筒に近づけることで結果ストレートになると言うことです。

従来の縮毛矯正では考えられないぐらい自然な感じに仕上がり、でもクセはしっかり伸びています。
イメージとしては、子供の頃の髪に生まれ変わったように
抜群な手触りと柔らかさと
髪の毛の面を整えたことでツヤが出てきます。
熱変性も起きませんのでスタイルも自在に楽しめます。

縮毛矯正で失敗経験がある方

例えば
髪が針金のようにツンツンになったり
一生懸命ブローしてもカールができない
前髪がヒサシのようになったり
男性やショートの方はカッパのようになったり…

エアーストレートを是非おためし下さい‼︎

縮毛矯正で失敗したくない。
不自然なのがヤダ。
痛むのもヤダ。
スタイルも妥協したくない。
でもクセはいらない。

エアーストレートはこんなお客様の要望にお応えできます!!

—————————————————–
↓詳細はコチラから↓弱酸性縮毛矯正(ノンアイロンタイプ)のエアーストレート、
45分で出来る一浴式最新デジタルカール、
ピュアシス(シス系コスメ)等の取り扱いを行う美容メーカー。TV・雑誌等で活躍するモデル撮影を使った販促とサロン(メニュー)の地域による差別化を行い、
メニューのバッティングを防ぎながらサロンの永続的なサロン繁栄を目指す美容メーカーです。[不明点等のお問合せは]RAL.produce/レアルプロデュース
TEL.03 -5530-8680まで

http://www.ral-produce.com
——————————————-