花粉が全開で飛び交っている4月上旬。この花粉が終わり、しばらくするとジメジメした梅雨がやってきます。

そんな時期にはいつも苦労されているくせ毛の持ち主がこのモデル様

全て施術前ですが、一番下は濡らした状態です。

状態は、ウネリが非常に強くでるくせ毛。

縮毛矯正も繰り返しているの為に毛先は乾きにくいダメージ毛。

縮毛矯正の履歴がある中間から毛先の部分は非常に硬くなっている毛髪。

乾いている時の毛先はバサバサっとしています。また不自然にピタっと張り付きやすくなるので、縮毛矯正はホントは嫌いな方が今回のモデル様です。

くせ毛は気になる。でも絶対に硬くなりたくは無いし、張り付くような感じも避けたい。そんなモデル様でした。

今回の仕上がりはこちら

仕上がりの軽さにまずは驚いて頂けました。あとは柔らかさ。エアーストレートの質感においての特徴です。

縮毛矯正後に、重いと感じる方も多いかと思います。重いとは、質感とスタイル両方の事を指します。

質感が重い、これは何かが髪に残っている様な残留感に近い感覚。

スタイル的に重いのは、ペタっと張り付いた様なスタイル。

くせ毛や縮毛は何とかしたいのですが、この2つが嫌だから縮毛矯正が苦手、ないしはなるべくならやりたくないっていう声も良く耳にしますが、エアーストレートは両方の軽さが最大の特徴です。

そろそろ梅雨が近づいてまいりました。湿気がピークに近づきます。それと共にくせ毛のウネリや広がりがだんだんと強く現れますので、縮毛矯正のご予約はお早めに。