この頃良く聞くのですが、歳を重ねるにしたがって強くなるクセ毛。

エイジング毛の縮毛矯正

エイジング毛のモデル様。カラーリングは3週間に一回のペース。そして過去の縮毛矯正の履歴が中間以降に残っています。

太い髪ではありませんが、非常にごわつく質感のクセ毛。加えて中間から毛先にかけては縮毛矯正とおそらく頻繁に繰り返しているカラーリングの影響で硬くなっている状態の毛髪です。

エイジング毛の縮毛矯正
エイジング毛の縮毛矯正

毛先にかけては硬化してビビリに近い状態。これはブリーチなどのビビリと違い、完全に固まった様な感じ。縮毛矯正の熱も多少はあるかもしれませんが、ホームカラーのオーバータイムによるものです。毛先の硬さはやはりなんとかしたいものですが、治るか?治ると言う言葉には色々含まれますが、今より硬さを緩和させる事とヘアケアによって緩和させます。

今回の仕上がりは

白髪染めのモデル様をエアーストレートで

モデル様の感想はとにかく柔くなった事。ありがとうございます。これからエアーストレートをよろしくお願いします。

講習会でも良くモデルにお連れいただくのですが、以前は大体講習というとブリーチ毛のモデル様が割合としては多かった気がします。でもこの頃は年代としては40代以上の皆様がモデル様になって頂くという様な機会が明らかに目立ってきました。

40代以上の方のクセ毛の悩み

若い頃からクセ毛だったという方。以前はやっていた縮毛矯正を、やめてしまった方々をよくモデル様に。

不自然さを感じる

理由は不自然。飽きてしまった。傷む。パツパツ。最初は良かったけど。色々な言葉が並びます。スタイルが飽きるイコール一定に固定されてしまう。そんな感じでしょうか。あとはボブスタイルの方も特にそんな声を聞きます。髪が長くないので、前髪が張り出したり、毛先がパツパツになったりするとスタイル的に目立ちますよね。そんな理由で縮毛矯正をやめてしまった方もよく目にしますし、モデル様にも多いと思います。

だんだん髪が捻れてきた

また、最近になってクセが出てきたと言う方も増えてきています。以前はずっと直毛だったのに、という方が増えているのかな?と感じます。講習を行っていると特に感じます。

ホルモンバランス

年代を重ねるほどに現れるシャリシャリした毛髪。クセ毛、縮毛のように感じますが、ホルモンバランスやその他さまざまなな要因で生えてくる毛髪が捻れて生えて来ます。頭皮の要因もあるようですし、様々な要因が考えられます。

細くなる

また大きい悩みは、だんだん細くなっていく事。髪が細くなってハリコシがなくなっていく事。それが原因でまとまりにくくなっているのですが、それ以上に細くなっていながらクセが強くなっていくと、縮毛矯正の後が悩みのタネに。

ボリュームの問題

ボリュームが無くなり過ぎてしまう事。これがかなり多い。当然縮毛矯正やストレートパーマ、両方共にボリュームは確実に落とします。今までの経験から縮毛矯正類をやらなくなった方が多いのは、これが原因かと思います。想像以上にボリュームが落ちてしまうので、違和感が生まれてしまうので、やめてしまう方が多いんじゃないかなと思います。

毛髪が少なくなる

これも細くなる事に近いのですが、細くなったり少なくなる事で、ボリュームダウンしすぎる事になってしまいます。ただでさえ細くて少なくなっているのに、これでボリュームダウンしたらさらに…なんて事も離れてしまう原因の一つ。ここは積年の課題。今は縮毛矯正関連からの話しになってしまうけれど、ホントは美容の技術全体的に言える事。エイジング毛の問題。その世代にさしかかると初めて感じるその事実。美容の選択肢も狭まるので、なんとかしたい領域でしたが、昨年より少しづつ手がけてきましたので、リリースまで、もう少しお待ちいただきたいと思います。

エアーストレートをお探しの方は公式導入店を検索して下さい。