そろそろハイシーズンに差し掛かって来る縮毛矯正。梅雨の時期に毎年毎年、爆発するくせ毛に苦労されている方も多いのではないでしょうか。毎年毎年やってくる梅雨。ジメジメ毎日が憂鬱。日本には四季があるから良いのですが、梅雨の時期に悪戦苦闘する方々。それはくせ毛の皆様方。

低気圧

くせ毛は天気予報並みに湿気に敏感。くせ毛の方の朝はみんな戦場だそう。だから夜のうちに戦略を練っているみたいなんですね。

縮毛矯正のハイシーズン

朝の貴重な時間を少しでも爆発する毛髪のケアから解放。縮毛矯正はこの時期がハイシーズン。どこのお店でもなかなか予約が取りにくいのではないでしょうか。ですから早めのご予約をオススメ致します。

くせ毛の苦労

くせ毛といっても強いくせ毛やそれほど強くないくせ毛。またくせ毛の種類もあり、それぞれの方々の苦労や悩みは個人個人違います。

一概に強いから苦労が多い訳では

くせ毛が弱くてもストレスが大きい方もいらっしゃいます。強さに比例しているとは言い切れない気がします。これは連日くせ毛のモデル様と話す機会が多く、会話から感じる事ですが、ゆるいくせ毛でも広がりを抑えきれなくて、朝はなんとかセットでカバー出来ていますが、夕方になると朝のセットがもたなく、昼過ぎにはウソの様に広がってくるなんて事は良く聞かれます。

縮毛矯正の大切さ

だから梅雨時期の前には特に美容室にお客様が殺到します。やはり梅雨の季節には大切な施術。やらないと爆発的な広がりをもはや抑える事はできません。

でも縮毛矯正は止めたい

でも長年の縮毛矯正をかけている方は、そろそろやめたいと感じている方もいらっしゃるはず。ここも良く聞く言葉ですが、いかにも縮毛矯正をした方ってるわかりますよね。

止めたい理由

不自然に真っ直ぐな毛髪

縮毛矯正をしたってバレバレ

ピタっと地肌に張り付いている

アイロン跡による境目がはっきりとしていて、髪が伸びて来ると、ここから先は縮毛矯正をかけたな…と明確にわかる。

くせ毛は伸びてもしばらくは後悔

いかにも矯正しました感。苦手な方も多い。こんな声は良く聞かれる事。バレたくないて言う声も。

そんな方のためにも自然に仕上がる縮毛矯正がエアーストレートです。

縮毛矯正の直後でも後悔はさせません。

エアーストレートの講習事例

髪が太くて硬く、髪の量が非常に多いモデル様。いつも髪に悩みを抱えているとの事です。梅雨時期に限らず、毎朝髪にかける時間は大変。縮毛矯正は8ヶ月?くらい前に美容室で行ったとの事。ハイトーンのカラーリングも毎月行っているので、毛先のゴワツキがかなり強く出ています。

ビフォーとアフターです。

施術前の状態です。

縮毛矯正前のくせ毛ダメージでごわつくくせ毛

エアーストレートの仕上がりは

ノンアイロン縮毛矯正エアーストレート自然な仕上がり

仕上がりのモデル様の声は

伸ばすだけではないエアーストレートの仕上がり。

自然さと普通の髪

自然さと言うのはピンピンしないだけではないんです。大人になるに従って髪が重くなる感覚がトリートメントが効いている感覚に変わってくるものです。まだダメージの全く無かった子供のころの髪。乾いてくるとサラサラ。なにも残っていない様な。乾いてくると軽くてサラサラ。触っていてきもち良く、それでいてくせ毛はしっかりと伸びているんだけれども。しっとりというよりはその軽さを目指しているのがエアーストレート。

今年もジメジメ

お手入れも楽にはなります。でも今まで縮毛矯正の後に不自然で後悔されてきた方はもちろん、くせ毛でお悩みの方など、是非お近くのエアーストレート公式導入店にお越しください。