エアーストレート®︎の講習より

硬い髪でいつもお悩みのお客様をお迎えしてノンアイロン弱酸性縮毛矯正 エアーストレート®︎の導入講習を行いました。

硬い毛髪

毎日硬い髪を触っているわけですから、硬い髪に慣れてしまっているわけですね。ですから感覚的に柔らかい髪にの質感を感じた事がないまま過ごしている方も多いのではないでしょうか。

縮毛矯正で柔らかく

エアーストレートは縮毛矯正ですから、くせを伸ばすのを目的とします。ですが別の機能として、髪を柔らかくする。そこも目的なんですね。

縮毛矯正後に毛先が硬い

縮毛矯正歴がありますと、後で毛先が硬くなってくる。そんな経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。硬い髪に慣れている方でもエアーストレートの施術の後、柔らかくなると凄く喜ぶのを見て来ました。

また、既に縮毛矯正をしている方の硬さを柔らかく。ここもエアーストレートの課題であり、お客様にリピートを頂けるポイントです。

毛先の硬さ

特に毛先が硬くなっている方はよく目にします。もちろん縮毛矯正の要因だけではなく、アイロンやコテのあてすぎも。講習のモデル様でもゴワゴワする毛先をよく目にします。

境目

質感の境目も厄介です。中間から毛先に縮毛矯正が残っている場合は、その部分の質感がいわゆる矯正っぽい硬さになっている場合が多く見受けられます。美容室の現場でも気になる部分です。この硬くなってしまった毛先がスタイルが硬く仕上がってしまうので、ここが大事なポイントです。エアーストレート®︎ではここを長くこだわって研究してきました。エアーストレートでは髪を柔らかくする機能に特化しています。同時に以前に行った縮毛矯正の部分や、アイロンやコテの高熱による硬さにも働きかける事で、元から硬い髪を柔らかくしながら、熱による硬化も柔らかさを出して、さらに境目を無くす技術です。それにより、境目のストレスを軽減出来るのですが、これが大きいのです。境目は見た目と質感の両方です。

見た目はアイロンの境目。クレパス状のです。あとは先程の質感の境目です。毛先の既に縮毛矯正毛の部分を柔らかくする事で境目が無くなるとスタイルも作りやすくなります。

カットもしやすく

縮毛矯正の後の髪はカットがしにくいという意見を良く耳にします。髪自体の硬化により、コームから毛が跳ね返ってしまいます。コームもですが、お客様にとっては手ぐしも同様です。形がつきにくいと言われます。大げさに言えば固定化されているイメージです。

エアーストレートでは

髪を髪のまま。これがコンセプト。だから柔らかさと丸みが帯びる仕上がりになります。だからカットもしやすい。

今回のエアーストレート

施術前は

施術後は

硬い髪が柔らかくなると、それだけでもお客様にとっては嬉しいものです。

硬い髪にお悩みの方は是非エアーストレート®︎公式導入店までお問い合わせ下さい。