エアーストレート〔ノンアイロン弱酸性縮毛矯正〕の講習レポートより

髪の傷みが大きい方の縮毛矯正

今回のモデル様はグレーカラーのモデル様。こちらのモデル様をエアーストレートで施術させていただきます。

ハイトーンカラーリングをされている髪

ダメージ毛の縮毛矯正は色々な意見もあります。薬剤の違いなども関係してきますが、エアーストレートの講習の現場では、薬剤を塗布もするのもためらうモデル様の毛髪状態が多数いらっしゃいます。

毛髪状態は大切

カラーリングはどうしても傷みが伴うのですが、やめましょうなんて言えません。なるべく傷まない様にと意識しているお客様も多数とは思いますが、傷んでもカラーリングを優先される方もいらっしゃいます。別にいけない事では無いんです。どちらを優先するなんて個人の価値観ですからね。

髪のダメージのバランス

ダメージ毛はやはりその後の薬剤使用に影響はあります。お客様も理解はされているはず。だけれども明るくしたいですよね。そんな気持ちの天秤が働く方にはお話ししたい事

カラーリングは美容室で

美容室でのカラーリングをお勧めしたいのが本音です。カラーリングを販売していないからこその本音です。

ホームカラーとサロンカラーの違い

美容室の使用するヘアカラーとホームカラーリング。違いは多々あります。まずは染まり具合。ホームカラーの場合は良く染まると言う感想を聞いた事がありますが、これは染料の濃さ〔染料濃度〕の違いか、色により変わります。トーンアップの際に色が良く発色すると言うことは、配合されている色が単色に近いのですが、ブリーチ力が抑えめに配合されているのが、サロンで使用するヘアカラー。

それに対してホームカラーは美容師さんが塗布する訳ではありません。ですから塗布のムラがどうしても出てしまいます。塗布ムラがあってもなるべく均一に染まり上がる様に設計されています。同じ明度に仕上げるには、サロンで使用されているカラー剤よりもブリーチ力が高めになっています。同時に配合されている染料濃度は濃く配合されていますから、多少の塗布ムラかあってもしっかり染まる代わりに、ブリーチ力が高い為にダメージもサロンカラーに比べて高くなってしまいますから、ご自宅でのカラーリングは特に放置タイムに気をつけて頂きたいと思います。よく見られるのが、長時間放置。家事を行いながらカラーリング。オーバータイム状態になりますから、ダメージが深刻。また、手軽なので頻繁に使用しますと、さらに深刻なダメージを負ってしまいますから、注意が必要です。

今回の施術

今回の毛髪はグレーカラー毛

連珠毛も混じっており、少々切れやすい毛髪です。太くもなく細くも無い毛髪ですが、縮毛矯正後の不自然なボリュームダウンを気にされておりました。

施術前

クセ毛と白髪染めの方クセ毛を濡らした状態

施術後は

ノンアイロン弱酸性縮毛矯正エアーストレート仕上がり

もともとカラーリングの繰り返しで毛髪が硬くなっていたので、エアーストレートの柔らかい仕上がりのには感動を頂けました。

グレーカラーは繰り返している方が圧倒的に多いので、先程の注意もタイムを守るなどの必要です。また合わせて縮毛矯正の後の不自然さを苦手にしている方も多いので、エアーストレートはそんな方にオススメです。年代が上がるとホルモンバランスの関係でクセ毛になってしまう方もいらっしゃいますが、ペタンとしたくは無いので縮毛矯正を避けてしまう方が多いのでは?そんな方にもエアーストレートにチャレンジしてみて頂きたいと思います。