くせ毛には色々な種類があります。種類により、施術方法が異なるはもちろんですが、どこまで髪をキレイにする事が出来るかを考えた場合に、それぞれの性質を知っているのが大切です。

今回は連珠毛のモデル様

連珠毛とは

連珠毛とはくせ毛の種類であり、数珠の様に毛髪が太い部分と細く部分が交互に存在するくせ毛です。

連珠毛の画像

この細い部分が日々の生活により、切れ毛となってしまいます。少し特徴的なくせ毛なのですが、なかなかキレイには仕上がらないのが大きな特徴です。

連珠毛のモデル様

切れ毛が目立ちます。またツヤがあまり見られないのが、特徴です。

連珠毛のモデル様連珠毛のモデル様

表面を広げてみると、部分的に波状毛も混じっています。

ちなみに波状毛とは

波状毛のくせ毛

くせ毛の中では一番よくみるくせ毛ですね。

連珠毛は直毛に近い

実は連珠毛自体はうねりはあまりみられません。毛髪がボコボコしているのですが、波状毛の様にうねりはあまりみられません。ですが、細かいボコボコによってツヤが出にくい髪になってしまいます。出にくいというよりもツヤが乱反射してしまうので、ツヤが見えないと言うのが正解だと思います。

今回の仕上がり

ノンアイロン弱酸性縮毛矯正エアーストレート連珠毛をエアーストレートで

切れ毛はもどりませんが、見た目には面が整ってあまり目立たなくなりました。

エアーストレートの講習

導入講習において、毎日毎日くせ毛の方に向き合うと様々なくせ毛や縮毛にお悩みの方がモデル様でおいでになります。エアーストレートの全国の導入店様でも、日々研究しております。でも個人的な感覚で申し訳ありませんが、なんとなく向き合うくせ毛が変わってきた様な気がします。くせ毛が進化?している様な気がします。未知の種類といいますか。種類に括れない、ダメージの状態には括れなくなってきている気がします。ですから研究は怠りません。未知のくせ毛にもチャレンジしていかないと退化してしまうので。昨日もそんな毛髪てましたので、今度記事にて紹介致します。