ハイライトの入っている髪に縮毛矯正を行う場合に気をつける事は、ダメージ状態が違う事。塗り分けが不可能という事では無いかなと思います。

一般的に根元と毛先

この違いは良くあります。といいますか、バージン毛[あまりいらっしゃりませんが〕を施術するケースが稀でして。基本はダメージレベルを区切って施術しますよね。

例えば、通常では根元はハードタイプの薬剤、中間はノーマルタイプ、毛先はソフトタイプと言うような感じです。

サロン様の苦労

でもハイライトの場合は縦に区切る訳にはいかないので、完全な仕上がりにはならないと、サロン様より苦労話しを聞いた事があります。

エアーストレートの場合は、そこまでは気を使う必要は無いと思います。

少し曖昧でも大丈夫です。一気に薬剤が働きすぎてしまうリスクはあまりないと思います。とは言っても、ハイライトの部分があまりにダメージが進行しすぎていたりすると慎重にはなりますが、比較的安心して施術頂けます。

今回の施術について

ハイトーンとハイライトのモデル様。毛先は熱による硬さが出てしまっています。

くせ毛

硬さが出ているので、仕上がりの柔らかさのインパクトは非常に大きかったです。

ノンアイロン弱酸性縮毛矯正エアーストレート

今回は朝早くからの講習でした。

ご協力頂きまして、ありがとうございました。