弱酸性ノンアイロン縮毛矯正エアーストレート講習

今回のご紹介はクセも強くダメージレベルも高いモデル様です。

縮毛矯正の最終履歴は半年前。

襟足部分はブリーチオンカラーでキレイな赤が入っていました。

毛先は引っ張っても伸びないぐらい熱変性で硬く、固まっている状態です。

 

ビフォー1

image

普段からアイロンでキレイに整えてあり、クセは一見わかりませんが、

ウェットにすると出てきました。

ビフォー2

image

ビフォー3

image

 

クセを伸ばそうと強い薬剤をのせるには、ダメージも強く

ダメージを気にして弱い薬剤だと伸びないような強いクセです。

とても難しい毛髪状態です。

 

でも

意外と対応できてしまうのがエアーストレートの凄いところです。

 

今回は塗り分け時間差加温での対応です。

根元部分はハードの薬液で(襟足のブリーチオンカラーも気にせずハードでいきました。)

先に加温、チェックOKになったら

毛先の既矯正部分はソフトの薬液選択、加温していきます。

 

エアーストレートは加温反応タイプの薬剤なので、

加温さえストップすれば反応もストップします。

加温を止めればオーバータイムの危険性がなく安心して施術に集中する事が出来ます。

 

アフター動画

IMG_1468

 

image

 

ここまでキレイになりました。

ダメージ毛に対し当然限界はありますが、

かなり施術できる幅が広がるのは間違いないです。