弱酸性ノンアイロン縮毛矯正エアーストレート

今回は導入店様で

根本ストレート、毛先はデジタルパーマのストデジ講習のご紹介です。

 

森田、痛恨のミスでビフォー撮り忘れました。

モデル様は細毛で軟毛のカラー毛の方でした。

反応の早そうな毛質です。

縮毛矯正の履歴はなく、クセも後頭部バック部分にゆるやかにある程度だったので、

サイドはやらずに後頭部のみをストレートにしていきます。

 

エアーストレートでストレートにする場合とデジタルパーマをする場合で、

薬剤のパワーチョイスと、膨潤加減が全く異なってきます。

なので塗り分けが必須になってきます。

 

通常どおり前処理トリートメントを施してから

後頭部のストレートにする部分にノーマルを塗布

10分の加温タイムでした。

根本が完全に伸びてから、パーマの欲しい部分に

ノーマル2:ブラウンクリーム1で調整した1液を塗布、

毛先には細めのテストロットを1本巻き、加温します。

パーマの場合の加温タイムの目安は5分ですが、今回は3分の加温タイムでした。

 

加温後は通常のお流しをして

ブローをしていきます。

ストレートをした部分は通常通りのブローをして、

これからパーマをする部分については熱が控えめになるように

ドライヤーを引きぎみにブローします。

この後、パーマで加温する温度以上を当てないためのポイントです。

 

ストレートにする部分は完全にドライの状態にして下さい。

パーマにする部分は7割程度乾いていれば大丈夫ですが、

クセが強い方は、毛先までブローでドライにしてあげると、

パーマがだれてきたときにクセがないのでキレイです。

 

今回はサイド29のロット、バック部分は26のロット

ブローローションで少し湿らし巻いていきます。

60℃で10分の加温タイムでした。

 

image

乾いているか確認後、少し熱が冷めてから

パーマ部分から2液を付けていきます。

防水タイプのロットであればロットの上から

防水タイプのロットでなければロットオフして、カールを維持した状態で2液を塗布して下さい。

パーマの部分の2液塗布が終わったらストレート部分の2液処理をして終了です。

 

仕上がりウェット状態

image

 

後は乾かすだけで終了です。

 

アフター

image

 

軟毛や細い毛質の方のパーマは

自宅でのスタリングを教えてあげる事が大切です!