歳と共に細くなったり、お風呂上がりに地肌が完全に見えてしまい落ち込んでしまう方、そんな方々に縮毛矯正には縁が無いのかなと思う方々が、多いのでは無いでしょうか。 でもそんな状態でもくせ毛は気になるものです。

エアーストレートの講習より

今回のモデル様はホームカラーを頻繁に行っているダメージと、過去の縮毛矯正の傷みの蓄積で毛先はなかなか厳しい毛髪。年代と共に細くてコシがないので、縮毛矯正後のペタンとしたスタイルは勘弁というお客様。そんなお客様が柔らかく自然なストレートヘアを楽しんで頂けました

︎しかもエアーストレートなら自然なボリュームを維持しながらまっすぐで綺麗なストレートヘアに。

以下は施術前の写真です。

仕上がりは

安定の柔らかさが表現されました。

かなりダメージは進行していた

施術前の状態をサロン様も把握していらっしゃるので、普通であれば矯正は遠慮するところとの事でした。

細くなっている毛髪に加えてホームカラー白髪染めのオーバータイムを頻繁に。加えて縮毛矯正を繰り返しているので、濡らすと厳しい毛髪の状態が露わになりました。

どうしても年々、細くなってしまう毛髪。それと共にくせが強くなってしまう方も多いと思います。

何度か触れていますが、その年代になると縮毛矯正から離れがちに。細くなってしまうので、縮毛矯正の後には地肌が見えてしまう事もあるので、敬遠されてしまいます。また毛先がピンピンとしてしまうのも敬遠される理由の一つ。

またダメージ関連もやはり気になるところ。縮毛矯正は傷みが表面化すると、カラーリングのダメージよりも一気に酷い事になってしまいます。

昔はやっていたけれどやらなくなった縮毛矯正にもう一度チャレンジしてみて頂きたいと思います。