本日はいわゆるハイダメージ毛のエアーストレートのパターンと施術例について。
いわゆるハイダメージ毛のモデル様を弱酸性縮毛矯正エアーストレートで施術しました。
ケース1

こちらのモデル様はブリーチ毛でチリ付きがみられ、毛先の毛量が少なくなっていますが、綺麗に仕上がりました。


ケース2

毛先がコテなどでかなりのダメージがみられ、ビビリもみられる毛髪ですが、縮毛矯正は2年以上前が最後で、ブリーチ部分にもクセはあります。矯正の履歴が残る部分はあまりないので、この場合はブリーチ毛の部分もカラー毛の部分の付け分けは必要ありませんでした。

ケース3
ホームカラーでの白髪染めを繰り返して、パーマも頻繁に繰り返していらっしゃるモデル様

ホームカラーを繰り返している方の施術は少し慎重には施術しますが、キレイには仕上がりました。