弱酸性ノンアイロン縮毛矯正エアーストレート

ノンアルカリ、ノンアイロン、タンパク変性フリーが売りのエアーストレート

 

エアーストレートって伸びるの?伸びないの?

まずはそこからだと思いますが、

エアーストレート、思った以上に伸びます。

エアーストレートは縮毛矯正ですのでクセが伸びるのは大前提なのです。

質感の良さ、柔らかさ、自然な仕上がり、ダメージの少なさで勝負しています。

 

エアーストレートとは、従来の縮毛矯正とは違い高温のアイロンを使わずに

子供の髪と同じ弱酸性のトリートメントベースの薬剤を使用するため、質感良く自然でダメージを感じさせないツヤのある仕上がりになる縮毛矯正です。

 

エアーストレートは弱酸性薬剤とノンアイロンのこだわりにより

柔らかく、自然に、ダメージを感じさせない上質な質感を実現しています。

 

なぜエアーストレートが伸びるのか?

それは従来の縮毛矯正とエアーストレートは発想が違うのです。

髪をもとの形に戻すという新発想がエアーストレートなのです。

 

そもそもクセ毛のうねりの原因は、偏りと変形です。

髪内部のタンパク質の偏りと、髪表面のキューティクルの開きにより変形しよじれを更に引き起こします。梅雨時期は後者が大きく関係しています。

 

従来の縮毛矯正技術だと

アルカリ成分でキューティクルを開かせシスチン結合を切断し高温のアイロンで強制的に伸ばし固定させます。

本来は円筒形の髪をアイロンで潰し熱変性も起きるため不自然な扁平な形状な髪になってしまいます。アルカリ成分と高熱の影響で髪への負担も大きくかかってしまいます。

 

エアーストレートの技術だと

弱酸性の薬剤に熱を加えながら髪に必要な天然たんぱく質と水分を補給させ、髪内部のたんぱく質の偏りを整えます。その膨潤作用により髪を膨らませ、毛髪本来の丸い円筒形に整えうねりを解消させていきます。加わる熱はアイロン使用の半分以下ですので髪への負担が少ないのです。

 

上質なトリートメントをした柔らかな手触りでクセも伸びる。

エアーストレートが縮毛矯正の常識を変えます。

 

今日はあえて強いクセのエアーストレート施術事例

image

ぜひ、みなさんにもエアーストレートをご体験頂ければと思います。

エアーストレートはレアルプロデュースの商標登録です。

エアーストレート導入のご相談はレアルプロデュースまで