営業で歩いていると

閉店したのか移転なのかわかりませんが、違う美容室になっていたり

新しい美容室を見つけて行ってみると、以前飛び込んだ事のあった美容室がなくなっていたり

厳しい現状を目の当たりにします。

 

 

個人店で勝組、生き残りの為に差別化できることが大切です。

 

差別化を図るとは

特定の物事を同種の他のものとは異なった、より優れたものとするために、顕著な違いを持たせようとすること。(実用日本語表現辞典より)

 

 

顕著な違い、圧倒的な違いがあって初めての差別化です。

圧倒的なカット技術。

圧倒的な接客技術。

圧倒的なサービス。

圧倒的な差別化メニュー。

ある意味、圧倒的に安い激安店も差別化だと思います。

 

カットが下手くそであっても話が上手だからお客さんがついたり、

技術は大切ですが、技術だけが大事なわけでもありません。

ヒューマンビジネスの美容室。

その人自信が差別化になる魅力、人間力があるのが一番です。

あなたのオススメなら間違いないと思って頂ける信頼関係が築けることが大切です。

そのうえ、良いメニューがあると尚良いですね。

そこで、

わかりやすく差別化できるメニューになるのがエアーストレートです。

誰にでも簡単に差別化ができるのではなく

圧倒的な差別化メニューを手に入れて、技術を磨き、日々人間力を磨いて

初めて差別化になると思います。

 

差別化できるかはあなた次第です。